施設案内

苫東ファームTOP > 施設案内

夏季の冷涼な気候・高度な環境制御技術により
通年にわたる高品質ないちご生産・販売を実現します。

いちご生産施設の概要

1 太陽光利用型高設栽培温室
1太陽光利用型高設栽培温室 ・2ha、間口8m×奥行93m、軒高4m×28連棟
・H26年に1棟2haを建設、H28年に1棟2haを増設予定
・H27年に完全人口光型育苗施設を設置
2 チップボイラー
2チップボイラー ・地場木材利用による木質チップボイラー棟(77.26m2)を整備
・併せて、ヒートポンプ、ガスヒーターも設備
3 集出荷施設・管理棟
3集出荷施設・管理棟 ・木造平屋建て(786.45m2
・選果場、冷蔵設備、荷捌所の地、環境制御等を行う管理事務所を併設
4 養液栽培設備
4養液栽培設備 ・温室内に養液栽培施設を設置し、
   管理事務所内の環境制御コンピューターで高度な栽培環境を制御
5 完全人工光型育苗施設
5完全人工光型育苗施設 ・安定したいちご生産を行うために、
   ウイルスフリー苗を生産する完全人工光型育苗施設

いちご栽培の流れ

苗の定植後、約3カ月で収穫が可能となります。

苗をロックウールの
ベッドに定植
開花後にミツバチで受粉 葉かき(葉の間引き)作業を
適宜実施
熟した果実を
随時収穫・選果して販売